佐川元国税庁長官が無罪放免 開示されたのは黒塗りだらけの紙8枚のみ


▼ページ最下部
001 2019/07/25(木) 21:39:17 ID:61lw5bynMU
 ウヤムヤにしてはダメだ――。大阪地検が森友問題を巡り、今週中にも“容疑者”を再び不起訴にする方針を固めた。

 起訴を見送られるのは、国有地売却に関する背任容疑や決裁文書改ざんなどの有印公文書変造容疑などで告発された佐川宣寿元国税庁長官と
財務省幹部ら計10人。

 大阪地検は、検察審査会(検審)による今年3月の「不起訴不当」議決を受けて再捜査したが、起訴するだけの違法性が認められないと判断。
佐川元長官らは無罪放免。捜査終了となる。

「大阪地検はちゃんと捜査したのか」と首をひねりたくなるが、検審の対応にも疑問を抱かざるを得ない。一切の情報をオープンにしないからだ。

 市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が今年4月、「不起訴不当」議決を出した直後に審査状況を記した文書の開示を
請求したが、検審事務局が3カ月かけて開示したのは、墨塗りだらけのペラ紙8枚。有権者から選ばれる検察審査員の年齢はおろか、何の情報も
分からないのだ。同会の八木啓代代表がこう言う。

「名前や住所などの個人情報を出せないとはいえ、審査員の記者会見も審査の議事録もないので、誰が何をどのように審査したのか不透明なのです。
まさに、ブラックボックス。これまで検審にはいろんな事件で開示請求をしてきましたが、たったの8枚というのは初めてです。100枚以上
出てくるのが普通でしたからね。枚数が少ない上に墨塗りなので、そうまでして隠したい何かがあるのだと勘繰ってしまいます」

 森友問題を巡り「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」とうそぶいた男が今もノウノウと一国のトップに居座っている。「行政府の長」が
ウソつきだから、司法も腐ったか。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/259024

返信する

002 2019/07/26(金) 03:59:44 ID:tWlJ4aWz9.
オーストラリアは日本を大変頼りにしているようだけれども
まああと30年もしたら大体あの国はつぶれるだろう
こういうことを李鵬首相がキーティング首相に言ったのだ

返信する

003 2019/07/26(金) 04:33:38 ID:I/214re0S2
大阪の怪しい話は辻本先生に聞いたほうが詳しそうだけどねw

返信する

005 2019/07/26(金) 06:38:54 ID:FHMTAPe.y2
司法も牛耳った

返信する

006 2019/07/26(金) 07:51:50 ID:7c7rQBV0p2
三権分立は建前なんだ

返信する

007 2019/07/26(金) 09:23:03 ID:.VsGe8157A
なぜかこっちの件は検察審査会に訴えようとしない胡散臭い市民団体

森友の土地は籠池が行政側の非(敷地内へのゴミの埋め戻し)を突いて
脅してスカして訴訟チラつかせてようやくあの値段なのに

辻元絡みの隣の野田中央公園ときたら・・・

返信する

008 2019/07/26(金) 09:28:50 ID:vu6w0QtJ/c
佐川のヘイポー感

返信する

009 2019/08/01(木) 11:41:59 ID:VjI36rfF46
証拠は全て廃棄、隠蔽、口封じ…。
これだけでも悪政極まりないのに、司法まで言いなり
の体制にした。まさに、史上極悪政権じゃねぇか。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:8 削除レス数:1





ニュース政治掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:佐川元国税庁長官が無罪放免 開示されたのは黒塗りだらけの紙8枚のみ

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)