日本HEPAフィルター輸出遅延、国内メーカー困惑


▼ページ最下部
001 2019/09/07(土) 06:03:48 ID:PWXTwqtvJY
国内メーカーが一ヶ月近く、日本から輸入される高性能ヘパ(HEPA)フィルターを受けられず、日本の対韓国輸出規制が半導体の3つの素材以外の、他の項目へと拡散されたものではないかという懸念が提起された。そのフィルターを数年前から輸入してきたが、このように納期が遅延するのは今回が初めてというのが、国内メーカーの主張だ。

6日、業界によると、国内Aメーカーは、日本N社から輸入するHEPAフィルターをまだ受け取れていない。先月13日に物量を受けることになっていたが、一ヶ月近く輸入が遅れている。

Aメーカーの関係者は、「先月13日、物量を受けることになっていたHEPAフィルター物量をまだ受け取っていない」とし「先月末まで待って継続輸入がダメなら政府に代替材を探してほしいと要請した」と苦しさを吐露した。

Aメーカーは、2009年からN社からHEPAフィルターを輸入した。納期がこのように遅れたのは、過去にはなかったと付け加えた。N社韓国法人は、日本経済産業省からの輸出審査を進めていると説明した。次週にはものが韓国に入ってくるだろうと付け加えた。

Aメーカーの関係者は、「N社韓国法人では物量がすでに日本埠頭倉庫に来て、日本経済産業省で確認する過程を経たと知らせてきた」とし「ただ来週にはものが韓国に入ってくると、6日午後伝えた」と述べた。

HEPAフィルターは、空気中に浮遊する0.3マイクロメートル(?)以上の大きさの微粒子(超微細粉塵)を99.97%除去することができる性能を備えたフィルタである。放射性空気を遮断するために開発された。最近では、空気清浄機でも活用される。

Aメーカーは超微細粒子までブロックする高性能HEPAフィルターを使用する。今年の初め、国内と中国で代替材を探そうとしたが、量産することができるレベルを満足させず、日本産を輸入していた。そうして先月から輸出が遅れ、物量需給に支障をきたしている。

韓国政府は、この業者が輸入するHEPAフィルターが戦略物資や敏感品目に該当するかの把握に乗り出した。日本政府は、特定の仕様のHEPAフィルターを戦略物資統制リストに含めて管理している。戦略物資の中でも、武器や武器と直接関連付けられた「敏感品目」に該当する包括許可ではなく、個別許可を受けなければならない。
http://kankokunohannou.org/blog-entry-12477.html

返信する

002 2019/09/07(土) 06:48:38 ID:CRpE1bahB2
何処の国の話や?

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:2 削除レス数:





ニュース政治掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:日本HEPAフィルター輸出遅延、国内メーカー困惑

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)